読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺやろぐ

ゲームと奈々ちゃんと時々プログラミング

〔C#〕〔LINQ〕LINQはいいぞ Part2

Part2

前回からの続き



◆Max

指定した項目で最大値を持つデータを取得、表示する。

Maxメソッド

表示結果

◆Min

指定した項目で最小値を持つデータを取得、表示する。

Minメソッド

表示結果

◆Count

リストのデータの個数を取得、表示する。

Countメソッド

表示結果

◆Contains

リストの中に指定した値があれば、「True」を返す。
なければ、「False」を返す。
※クラス型のリストの場合は、一致するかの判定できないため今回は「Name」でstring型のリストを作り、その中に指定した値があるかどうかを確認している。

①Trueを返すコード

Containsメソッド(True)

②Falseを返すコード

Containsメソッド(False)

表示結果 ①

◆SequenceEqual

リスト同士を比較し、同じであれば、「True」を返す。
違う場合は、「False」を返す。
※クラス型のリストの場合は、比較できないため今回は「Name」でstring型のリストを作り、string型のリストで比較している。

①Trueを返すコード

SequenceEqualメソッド(True)

②Falseを返すコード

SequenceEqualメソッド(False)

表示結果 ①

◆まとめ

いかかでしょうか。
かなりざっくりしたまとめ方だけど、だいたいこんな感じで使ってます。

間違っている箇所があれば、コメントにお願いします!