ぺやろぐ

ぺやろぐ

焼きそばよりチャーハンが好き。

【steam】Colony Survival : 新しい世界を特集した最初のビデオ!(公式ブログ翻訳記事)

人気記事セレクション

スポンサーリンク

新しい動画が来ましたよ!
どうも、ぺやんぐ(@peyangu485)です。

9/14分の記事になります。

steamcommunity.com




翻訳

私たちは今週、新世界に向けて進歩を遂げました!
崖やいくつかの種類の小さな川、新しい樹木を追加しました。
我々は結果に非常に満足しています!
新しい地形を紹介したビデオは次のとおりです。



www.youtube.com



新しい地形を横切っている間に、 "/ debug printbiome"コマンドを使ってあなたの現在地に関する情報を表示することができます。
このコマンドを3回使用する例を以下に示します。

気温と平均降水量(降水量、ゲーム内統計のみ、視覚効果なし)は徐々に変化し、異なる地域間のスムーズな移行を保証します。
これらの統計を念頭に置いて、新しい地形ジェネレータは適切なバイオームを選択します。

過去には、木はあらかじめ決められた構造でした。
それらは手動でブロックごとに私たちによって作られなければなりませんでした。
私たちは構造を保存し、構造は適切な場所にロードされました。
新しい地形ジェネレータに対して、Zunは簡単な指示を素早く完全なツリーに変換できるプログラムを書いています。
これにより、新しいツリーを追加するのがはるかに簡単になります!

左にツリー命令の例を示します。
最初の "ボックス"命令はレンダラーに、5ブロック高い "logtemperate"で作られたトランクを生成させます。
"format:circleY"というタイトルのコードの2番目のブロックは、そのトランクの上に葉の円を生成します。
次のコードブロックは、より多くの円の葉を生成します。

右側には、バイオームの1つの例があります。
下限は20%の降雨量と9°C、上限は60%の降雨量と15°Cです。
「totalStructureChance」は植生の総量を定義します。
それは、そのバイオームに出現する樹木と茂みのリストが続きます。
重みが高いほど、その特定のツリーを産み出す可能性が高くなります。

上記のコードは、アクセスできないジェネレータには隠されていません「JSON」ファイルで簡単に利用できます。
モディファイアーが独自の構造を追加したり、地形の生成を変更したりするのはとても簡単です。
上記の例で劇的に改善できる芸術的技能と忍耐力を持つ才能ある人がいると確信しています。
我々は結果を見るのを楽しみにしています!
(ここに関してはユーザーが簡単に変更できるツールとかあると良さそうですね。)

現在、世界はランダムに変動する温度と降水量を持つ無限の大陸です。
寒い北部も熱い南部もありません。
それが私たちの次の仕事です。
大陸の形はかなりランダムでなければならず、すべての世界は異なっていなければなりません。
しかし、中央の「標準的な」バイオームは、あらゆる方向の障害物に縛られるべきである。
北部の冷たいツンドラ、東部の乾燥した草原、南部の熱い砂漠、そして西側の海。
障害の反対側では、新しいコロニーを開始して新たなリソースを生成し抽出することができる、異なる生物体でなければなりません。それは面白い挑戦になるでしょう!




終わり

世界の場所に応じて、気候や雨量を決めるよりリアルな世界を生成するシステムの実装が次の仕事と考えているようです。
雨量を決めるということは雨が降る機能も実装されるということでしょうかね?

そうなると、川とか湖の水面が上昇するなども起きうるんでしょうか。

気候の実装ということは、そういった自然災害も起きるとよりリアルになっていいですね。
(それでコロニー崩壊は笑えませんし、リアルになればいいのかという問題も……)