ぺやろぐ

ぺやろぐ

焼きそばよりチャーハンが好き。

【steam】Colony Survival : アップデート0.6.2がリリースされました! (公式ブログ翻訳記事)

人気記事セレクション

スポンサーリンク

くれないの?豚。
どうも、ぺやんぐ(@peyangu485)です。

遅くなってしまい申し訳ない。
今週は、アプデ来ましたね。

スポーンの仕様が変わったので、我がコロニーは危うくやられるところでした。
アプデの影響で高層小麦畑が使えなくなり、量が増えたので、既存の防衛状況では手が足りない状況になりました。

ワールドのスポーン調整も同時に来たので、それを調整して難をしのいだ状況です……。

みなさんも、気を付けてコロニー運営をしていきましょう。

では、翻訳!

元記事

steamcommunity.com




翻訳

新しいアップデートが公開されました!
それはモンスターのスポーンと備蓄の両方を大きく変えます。

過去に長い迷路は生まれたモンスターの総量を減少させましたが、早く殺すと生まれる量が増えました。
これは安定しています。
コロニストの量だけが、今やスポーンされたモンスターの量を決定する。
あなたが長い迷路を持っているならば、あなたは防御を再調整しなければならないかもしれません!

モンスタースポーンのもう一つの変更は、スポーンする場所にかかわります。
このアップデートの前に、モンスターは元の地形の高さの上下に2ブロックしか生まれませんでした。
これは、プレイヤーによって作られた建物や深いトンネルでは生まれないことを意味します。
これも修正されています。
あなたが慣れていない場所にモンスターが出現するかもしれません!

また、既存のワールドの難易度を調整することも容易になりました。
バナーツールメニューに設定アイコンが追加されました。
それをクリックすると、あなたは戦う夜のモンスターの量と昼のモンスターの量を決めることができます。

最後に、備蓄が更新されました。
これで、備蓄から直接アイテムを作り出すことができます。
Shiftキーを押しながらクリックすると、在庫ファイルから在庫にアイテムが転送されます。
Controlキーを押しながらクリックすると、アイテムの完全なスタックが生成されます。

今は備蓄から直接アイテムを作ることができるので、これがどのように機能するかを説明した備蓄の上の警告を削除しました。
私たちはメニューの備蓄場所を少し変更しました。
今は見えるアイテムのための余地が増えています。
(ようは警告とか消した分、アイテムの表示範囲が広くなったよってことですね)

更新されたモンスターのスポーンがあなたのワールドにどのような影響を与えるか知りたいです。
モンスターの多さは?(100パー違うけど、私には分かりません!(ドン!!)) 夜間の早い時間や遅い時間では? あなたのコロニーはどのように見えますか? コメントやDiscordであなたの経験を共有してください!

いつものように、更新プログラムは予期しなかったことに気づいていないことがあります。
普通(じゃない)のことが起こった場合は、私たちに知らせてください!(文脈的に普通じゃないことがあったら教えてねってなると思うけど、単語は違う感じ。特別な言い回しなのかも)


Next week

私たちは来週に何ができるかわからない。
より大きな新機能の開発を開始する予定でしたが、インターフェイスの最適化に1週間を費やすことがありました。
Yogscastは、アイテムの作成場所に関する情報を含む改善されたツールチップを提案しました。
これは素晴らしいアイデアかもしれません。 以下のモックアップを参照してください。(元記事を参照してください)

このようなものは、特に0.7.0が用意されていて、あらゆる種類の新しいブロック、ジョブ、アイテムが追加されたときに非常に便利です。
改良されたツールチップと、備蓄の検索機能、適切なローディング画面、すてきなスプラッシュ画面を組み合わせれば、それはうまくいった仕事の1週間のように思える。
あなたのアイデアも歓迎です:)


終わり

こうして、翻訳記事を書いてますが、別に英語が得意とかではないです。
まぁ、仕事柄英語のサイトをよく見るので英語の勉強も兼ねてます。

今回はなかなかどう訳したらいいのか分からないところが多々あったので、読んだ雰囲気で訳しました。

今回は、ある意味大幅改造なアプデだったので、今まで安全圏だった場所から突如大量のモンスターが襲来するというなかなかスリリングな体験をした方もそれなりにいたのではないかと思います。

私個人としては、上空でスポーンは納得いかないですけどね。
高層系が建てられないのはきついものが……。

そのあたりは今後のアプデで高さを伸ばせると信じたいですね。