ぺやろぐ

ぺやろぐ

焼きそばよりチャーハンが好き。

【Angular + Firebase】AngularとFirebaseを使って、お試しサイトを公開してみた!

人気記事セレクション

スポンサーリンク

f:id:peyangu485:20180903011046p:plain

とりあえずの目標は、ポートフォリオサイトの作成。
どうも、ぺやんぐ(@peyangu485)です。

唐突にね、「そうだ、ポートフォリオサイトを作ろう」と思い立ち、勉強がてらAngular + Firebaseで組んでみることにしてみました。
どっちも初心者。
詰まること間違いなし……と思いきや、すんなり公開までいけてしまったのであとは中身だけでいいというありがたい状況になりました。

今後も簡易的に何か作るってなった時に振り返られるように、記事として残してきましょう。




世の中便利になりすぎた……

qiita.com

この記事を参考に、ひとまずFirebaseを使って、サイトを作りました。

ただ、このままでは作られたindex.htmlしかないので、ひっそりとAngularの練習用に作ってたサイトをデプロイしてみることに。

っても、ごちょごちょする必要はなく、Macではユーザ名のフォルダにできる「firebase.json」の「public」に記載されている、ソースの場所をAngularのbuild先のフォルダに変更しただけ。

こんな感じ。

my-app/dist/my-app



それだけ。

この状態で、

firebase deploy && firebase open hosting:site

して、上記の記事を参考にして作ったサイトにアクセスするだけでおk!
便利になりましたねぇ。


デプロイしたサイト名は安直

テストデプロイしたサイトはこちら。

Colo Colo ColonySurvival

このサイトが完成するのは多分ないと思われ。
ここから、大改造ののちポートフォリオサイトになるはずなので。
ファンサイト的な感じで置いておいてもいいけどね。

基本的にはいたずらできないとは思うけどやめてね♪


終わり

Firebaseの機能は色々あるので、試行錯誤しながら充実したサイトを作っていきます。
乞うご期待?