ぺやろぐ

・・・死は避けられない。あんたも死ぬし、俺だって死ぬ。みんないつか死ぬ。・・・だが、今日じゃない! by 映画「バトルシップ」

〔paiza.IO〕C#erがPythonで「Hello World」してみた話

人気記事セレクション

スポンサーリンク

いい天気の日は仕事をせずに、ゆっくりしたい。
どうも、ぺやんぐ(@peyangu485)です。

Pythonに手を出してみたよって話。
C#や他の言語を触ってるけど、Pythonも触ってみたいと考えた人向け。

環境設定の話からするといいんだろうけど、今回使用したのはPaiza.IO。

https://paiza.io/projects/new

ここを使うと、環境を用意しなくてもブラウザ上で実行できるから楽にコードが書ける。
いい時代になったもんだ。

今回は「Hello World」の表示だから、すぐに終わるよ!


◆実装

左上の「Swift」になっているコンボボックスを「Python3」に変更。

すると、「Main.py」のタブが下に出てくるから、そこに

「print(“HelloWorld”)」

を入力する。

下の方の「実行」ボタンをクリックすると、出力画面に「Hello World」が表示された!

↓実行結果

では、次は改行してみる。

コードは、

「print(“Hello \nWorld”)」

と打つ。

改行文字は「\n」で表現する。

↓実行結果

formatメソッドを使って「Hello World」

コードは、

「print(“{0} {1}”.format(‘Hello’, ‘World’))」

と打つ。

この場合、「{0}」に「Hello」、「{1}」に「World」が当てはめられる。

↓実行結果




◆まとめ

「Hello World」の表示ができたということで、まずは「print」関数の使い方が分かった。

できれば、もうすこしprint関数について掘り下げてみようと思う。

paiza.IOならほかの言語も書けるから、いろんな言語で「Hello World」してもいいいかもしれない。