読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺやろぐ

ゲームと奈々ちゃんと時々プログラミング

記事のタイトルの命名と変数の命名は似ている

どうも、ぐんやぺ(@peyangu485)です。

ブログのタイトル決めってすごく大変な作業じゃない?

分かりやすいものにしないといけないけど、シンプルすぎると個性がなくて興味を持ってもらえないし……。
かといって、難解なものにしてもダメだし……。
と、記事を書くたびに私は悩んでいます。

そんなとき、ふと「変数の名前決めるときも悩むなぁ」と思ったので、今回の記事。
プログラマーあるある話。

この時点で私自身どう着地するのか決めていないので、どうなるか楽しみ。
思いつくままいこう。




◆変数とは

まず、プログラマーじゃない方のために「変数」とはというところから、軽く説明しようと思う。
例のごとく、wiki先生。

変数 (プログラミング) - Wikipedia

以下引用

プログラミングにおいて、変数(へんすう、variable)とは、プログラムのソースコードにおいて、扱われるデータを一定期間記憶し必要なときに利用できるようにするために、データに固有の名前を与えたものである。

引用終わり

データを入れておく箱みたいなものって認識で大丈夫。
(いい具体例ないですかね……)


◆で、なんで似ているの?

ひとまず、変数についてはなんとなく理解していただけたと思う。(思う)

じゃあ、なんで変数と記事のタイトルの命名が似ているか。

変数っていうのは、名前をつけないといけない。
仕事では、「分かりやすい」を大前提とした命名をすることが推奨されている。
ただ、だらだらと長い名前をつけると、それはそれで読みやすさが損なわれるため、よろしくない。

そこで、プログラマーは悩むわけですよ。
「あとで見たときに分かりやすい名前にしないと…、でも、これ長くなるしなぁ…、短くてかつ分かりやすい…うーん」となるわけ。

これって、ブログの記事のタイトルを決めるときも同じな気がする。
SEO対策とかするにしても、キーワードの使い方、タイトルの長さなどなど気にするポイントはあるけど、変数の命名でも同じなんだよね。
どの単語を使うか、程よい長さかどうか、気にしたうえで命名する。
まぁ、中には残念な命名している人もいるけど……。

というところから、この2つは似ているよなぁと感じた。


◆ここまで書いて思ったこと

変数名というより、メソッド名じゃね?

メソッド (計算機科学) - Wikipedia

分かりにくい説明やなぁ。

人間でいう「歩く」とか「走る」とかはメソッドと言えるかな。

メソッド名も悩むんだよねぇ……。
どの単語を使うのか非常に気を遣う。(selectなのかgetなのかとか)

「歩く」を例にすると、
「歩く」なのか「右足と左足を交互に動かす」なのか「足を動かす」なのかってレベル。(でいいはず)

そう思うと「歩く」って秀逸な命名だよなぁ。
散々慣れた表現だからかもしれないけど。

「走る」とかだったら、「猛烈に足を動かす」とか「すごく早く交互に動かす」とかが候補?
いや、ないわ。
英語やったら「run」やで。
とか考えると、「走る」って命名した人、えらい!すごい!(小並感)


◆まとめ

少々脱線したけど、結局のところ「記事のタイトルの命名と変数の命名って似てるよね」ってこと。

仕事では、変数やメソッドの命名で悩み、オフでは記事のタイトルの命名で悩む。
命名からは逃れられない運命なのです。かーなしー。

ゲームのキャラ名も悩むし、意外と人生における命名に使う時間っていうのは多いのかもしれない。(かもしれない)

では、今回はこの辺で。