ぺやろぐ

・・・死は避けられない。あんたも死ぬし、俺だって死ぬ。みんないつか死ぬ。・・・だが、今日じゃない! by 映画「バトルシップ」

暇つぶしにはもってこいな、Google検索ゲームで遊んでみた

人気記事セレクション

スポンサーリンク

誰もが検索上位表示したい。
どうも、ぺやんぐ(@peyangu485)です。

Googleの検索結果を1件にするゲームが面白いよっていう記事を拝見したので、チャレンジしてみた。

www.chishikiyoku.com

条件

  • 日本語限定検索(他言語を含まない(であってますかね?))




探せ! 1件しか出ないワード!

上の条件で30分ほど格闘したところ、以下のワードで検索結果が1件になったので、ここに置いておく。
文字で書くと検索結果を汚染しちゃうので、画像で。







ただの単語の羅列だと達成しやすそうだし、ぜーたさんのプレイ(もとい検索結果の画像)を見てると文章で検索をしているので、極力それっぽい文章になるように心がけた。
なんか、ありそうな話じゃない?(ない)

ゴミ記事間違いないだろうけど、これで記事書きたい笑

ただ、書いてしまうと検索結果が2件になってしまうというジレンマ……。
ああ、悲しいなぁ。




そもそも意味わからんワードあるやん

いや、ちょっと待って。
これ、読者からしたら「意味わからんワード入ってるやん。そんなんで「それっぽい文章で1件見つけました(キリッ」って言われても微妙やわ」ってなってる人いると思うんよ。

危うく、「以上、検索結果が1件になるワードでした!」で終わるところやった。
ごめんなさい。

ではでは、意味わからんワードの紹介を……。(独断と偏見で選びました)




ぬっぺふほふ

知名度ってそれなりにあるんかな。

ぬっぺふほふとは

ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。

ぬっぺふほふ - Wikipedia

より引用。

姿かたちとしては「カービィ」を想像していただければいいかと。
もしくは、ポケモンの「プリン」。
※上のwikiに画像あります

江戸時代に駿府城に現れたという話が残されてる。

このぬっぺふほふがゴノレフをするわけですね。




ゴノレフ

これコロコロコミック読んでた人なら覚えてるかも。

ゴノレフとは (ゴルフとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ゴノレフのルール

1 まずは大きな声で「ゴノレフ!!」と叫べ!!

2 となりのおっさんが「うるせぇー!!」とどなってきたら、20ポイントもらえるぞ!!

3 となりのおっさんを見事たおせば4ポイントもらえるぞ!!

4 ゴノレフは夜の7時で終了。さっさと帰りましょう。

ポイント

ポイントを貯めるとご褒美がもらえます

怒鳴ってきたときの20ポイントを8,000ポイントためるとお菓子がもらえます

撃退時の4ポイントを20,000ポイントためると結婚できます(となりのおっさんと)

優勝

ゴノレフ会長とお友達になったひとが優勝です

読んでた当時、「ゴノレフ」を叫んでたなぁ。
「となりのおっさん」がいないから、競技として成り立っていなかったけども。




おわり

ダイレクトなワードは書いてないけど、これだけでも検索に引っかかりそう。

検索結果を1件にするゲームだけで、こんなに楽しめるとは思わなかった。
検索ワードを探すのもだけど、完成したワードでまた遊べるという1粒で2度おいしい的な感じね。

そして、そのワードで記事を書けば間違いなく上位表示!(冒頭回収)
これで勝つる!

「検索結果1位(2件中)の記事です!」って堂々と言える。

たぶん、自分以外見ないけど。




ということで、Googleの検索結果を1件にするゲームしようぜ!